扇子の舞扇堂ホーム > コラム > 京都のお土産や記念品として扇子を購入しよう

京都のお土産や記念品として扇子を購入しよう

お土産に扇子を選ぼう


お土産とは主に観光などで訪れた土地でよく知られている商品を購入して、会社の同僚やご家族に帰宅した時にお渡しをする品です。日本では各地域でその土地の有名な品が販売されています。またその土地に住む住民に馴染みが深い商品、古くから伝統的に使われてきた品などもそうです。基本的にその土地に足を踏み入れなければ購入することができないので、お土産として選択をすればそれを受け取った方が喜んでくれる可能性が高くなります。
京都は言わずと知れた有名な観光地です。歴史的建造物が多くあり、中学校や高校の修学旅行などでも選択される都道府県の一つです。また、京都は観光地として知られていますが、他の都道府県ではなかなか発見することができない昔の由緒ある町並みがその土地には残っており、非日常的な雰囲気を感じられると思う人も多くいます。実際にこの地に足を踏み入れて観光をした経験がある方も少なくないでしょう。観光をする前に友人や同僚からお土産を頼まれて、いざ観光に行くと楽しさのあまりお土産を忘れてしまったという経験がある人も少なくありません。当然忘れてしまえば会社の同僚や友人に対して謝らなければなりません。また、残念な思いをさせることになるため、今京都にはいないが、お土産として有名な扇子を準備したいと思う人も少なくないでしょう。
現在では京都の扇子を扱う通販サイトがあり、その通販サイトで購入をすれば準備ができる可能性があります。実際に自宅でパソコンやスマートフォンでインターネットにアクセスして購入することができるので、現地にいないという方でも準備することができます。また、忘れたときだけではなく、ホームステイ用のお土産としても活用することができますし、友達に渡すのではなく自分のために購入をすることもできます。自分で使う機会がある方は利用されてみてはいかがでしょうか。

記念品に扇子を選ぼう


記念品としても扇子を選択する人はたくさんいます。記念品とは主に何かの喜ばしいことやイベントなどが起きた時にお渡しをする品になります。例えば記念品を贈る場面として挙げられるのが、海外支社開設のお祝いなどです。現在の日本では海外と比較しても経済が安定しており、日本企業が海外で活躍するケースは珍しいことではありません。例えば自動車においては日本のメーカーの車が海外で使用されていたり、テレビなどの家電製品においても品質が高いので海外の人から多く選ばれる機会がたくさんあります。海外で物などを販売する会社やサービスを展開する企業においては海外支社を開設しているところもあります。そのようなときに、扇子を贈ってみてはいかがでしょうか。
扇子を販売する会社では名入りなどにも対応してくれるので、海外支店を開設した日付とそれぞれの海外支社で働く社員の名前を入れて社員全員に配ることもできるでしょう。もし、社員の中に海外の国籍の方がいれば珍しいと感じる方も多いので、その社員の中には喜んでくれる人もいるのではないでしょうか。
また記念品は企業の支社開設だけでなく、来日記念としても活用することができます。日本では交通機関が充実しており、国によっても異なりますが、海外から来日をしてお仕事をしたりする人は少なくありません。もし会社などで来日の祝いをする時に扇子があれば来日記念として祝うことができるので、このような記念品としても活用することができます。
さらに、再び日本を離れることがある人に贈るのもいいでしょう。基本的に扇子は広げれば大きなサイズになりますが、畳めばコンパクトになります。そのため、持ち運びの際にも手間をかけることが少なく、日本を離れる予定がある方に対する記念品として活用することができるでしょう。

お土産や記念品として通販サイトで購入をしよう


京都のお土産や記念品として扇子を販売しているところは数多く存在し、選び方に迷う人も少なくないでしょう。選び方にはコツがあるので、そのコツを参考にして選択されてみてはいかがでしょうか。
選び方のコツとして挙げられるのが大量注文に対応してくれるかどうかです。お土産として購入をする方でも大量注文する人はいますが、企業が記念品として注文をする時、社員全員分を準備しなければならないところもあるので、そのような大量注文に対応してくれる通販サイトを選択することで、要望に沿った注文ができる可能性があります。
その他にも柄を豊富に扱っているところを選択することです。個人ホームステイ用のものを購入する方は自分好みの柄がプリントされているものを選択したいと思う人もいるでしょう。柄を豊富に扱う通販サイトを選択すれば自分の好みの柄に出会うことができる可能性が高くなるので、一定のメリットを感じられる人もいるのではないでしょうか。
またオリジナリティを追求する方は名入りに対応してくれるところを選択しましょう。名入りに対応してくれるところを選択すれば扇子に会社の名前や商品名を入れてノベルティグッズとして活用することもできます。

次の記事へ