扇子の舞扇堂ホーム > コラム > 和柄の扇子は気品が漂う最高の小道具

和柄の扇子は気品が漂う最高の小道具

扇子の活用方法


着物に添えてある扇子を目にした時、何ともいえない上品さを感じるものです。扇子は高貴さだけではなく、その意義も大変深いものとなっています。ここでは、現在どのように使用されているか説明するとともに、その奥深さについても検証していきます。まず、どこでどのように使用されているかについて、具体的な例を挙げていきます。
扇子は、礼儀作法を重んじる方にとって欠かせない一品です。例えば、笑うときに口元を見せないように隠したりします。また、座って挨拶をする時に、扇を膝の前に置いて一線を画す役割も担っており、今でも葬儀の場合喪主への挨拶として使用されていることがあります。このように、冠婚葬祭のときに身に着けておくと、礼儀として使用することができるのです。
日本舞踊やお茶といった芸事のアイテムとしても欠かすことができません。そして、扇子と言えば、切っても切れない小道具として使用されているのが伝統芸能でしょう。これは、落語、将棋、浪曲、弓矢の的、狂言、能などがあてはまります。京都では、古式ゆかしい芸子遊びの一つとして、投扇興という遊びが楽しまれています。その他にも、運動会や競技の応援の道具としてもよく使用されます。扇の形が末広がりを意味していることもあり、お祝いの引き出物として購入されることもあります。
和柄の扇子は、日本文化に欠かすことのできない伝統工芸品の一つです。

扇子の歴史とその構造


次に、和柄のものの歴史とともに、どのように形作られているかを紹介します。
扇子の由来の一つは、中国の上古時代に女?が造った羲扇だといわれています。日本では、佐賀県の利田遺跡でうちわの柄が出土しており、文明発祥時から存在していたと記録されています。開閉式の扇が最初に記録されているのは奈良時代です。ただし、それは紙で作られたものではなく、檜を重ねて作られたものでした。そのため檜扇という名称で呼ばれていたそうです。この檜扇は、メモ用紙の代わりとして使っていました。扇子が暑さをしのぐ形で使用されるようになったのは、平安時代の中期に入った頃からです。
このような流れで形作られた扇子の構造ですが、骨、扇面、要、責の四つで構成され、何千年経った現代でも同じような仕組みです。扇子として形づけられた扇は、風を送るといった用途以外に、礼儀や贈呈、意思伝達の小道具として、例えば和歌を詠んだり、花を添えたりといった、現代でいう恋愛が表現できるアイテムとして、一部の特権階級の人たちが幅広く使用していました。やがて扇子は、時代とともに徐々に一般庶民にも普及されるようになり、平安後期に入ると、子どもや女性用の物として檜の板に絵が描かれたりして、急速に普及するようになりました。
このような様々な歴史を経た扇子は、今でも日本文化の貴重な一品として根強い人気を保っています。

いろいろな状況に合った和柄の扇子を選ぼう


様々なルーツを辿った扇子には、どのような種類のものがあるのでしょうか。昔、武将が戦いのときに携えた扇で軍扇というのがあり、戦国武将の必須道具で主に指揮するのに使ったと言われています。続いて鉄扇ですが、これは親骨を鉄製にした扇で、携帯用の護身具として用いられ、鍛錬具用のものは手馴らし鉄扇と呼ばれています。その他に、舞扇という日本舞踊や歌舞伎などで使われるものもあります。しかし、これらは実用品として使用されるものではないようです。
よく知られるところでは、宝塚歌劇団の劇中に出てくる羽根扇子があり、劇中の華やかさを彩る必須アイテムとして重宝されています。また、1990年代にはディスコで踊るときに多く用いられたことから、ジュリ扇と呼ばれたこともあります。時代とともに用途が変わっているのが分かります。
では、私たちの暮らしに密接した扇子とは、どのようなものがあるのでしょうか。そのいくつかを紹介しましょう。現代でよく使用されているのは、主に夏の扇、冬の扇、祝儀扇の三つです。これらの扇についてもう少し詳しく説明すると、冬の扇は檜扇や中啓があり、主に儀礼用として知られています。中啓は能楽という日本の伝統芸能の場面に登場します。次に、夏の扇いわゆる蝙蝠扇は、現在一般に市販されている骨の多いタイプで、涼をとるためのものが多くなっています。その他に、祝儀扇があります。これは冠婚葬祭に用いられ、一般には男性は白扇、女性は金や銀の扇子です。着物の帯にさすことで、お祝いの心を表すことができます。
このように私たちは冠婚葬祭や成人式などで、着物及び扇子を身に着ける機会も少なくありません。特徴として、折り畳みにとても便利で、さりげなくバッグからとりだせるので、その点も気品を感じられる要素といえます。そのような小道具を持つことは、改まった席で周囲にとても好印象を与えられます。そのため、和柄のものを一つ備えておくことをおすすめします。気品のあるアイテムを備えることは、一つの礼儀として覚えておくといつか役に立つのではないでしょうか。

次の記事へ