扇子の舞扇堂ホーム > コラム > 扇子の人気は想像以上

扇子の人気は想像以上

扇子も進化するもの


扇子と言えば日本では昔から利用されていて、現在でもいろいろな変わったものが売られています。普段自分ではあまり購入しない場合が多く、贈り物としてよく購入されます。父の日、母の日のプレゼントや敬老の日のプレゼントとしても利用することができます。普段とは違うプレゼントとして贈るには面白く喜ばれるアイテムではないでしょうか。
実際に扇子にもいろいろな種類のものがあり、香りつきのものまで販売されています。香りや飾りの豪華なものまで色々なデザインで表現することができて、より利用価値を高めてくれます。そんなうちわではなく、扇子に興味を持っていそうな方へ、お祝いのプレゼントに考えてみるのも良いです。多くの種類を見てから贈る相手に合ったものを購入してみましょう。
では、いろいろな素材や絵柄のものがたくさん出てきているなかでどのようなものを選べば良いのでしょうか。

材質やデザインなどは重要


日本の心をあらわしてくれるようなデザインのものも販売されていて、より多くの扇子の中から気に入ったものを選んで自分で楽しむこともできますし、贈り物として贈ることもできます。扇子は若者にあまり馴染みがないかも知れませんが、中高年の人にとっては趣があって、日本の心を感じることができるアイテムです。
うちわは最近では日常的に使われていて、お祭りのときなど、うちわの無料プレゼントが行われている地域もあります。うちわも機能的には良くて使い勝手がいいのですが、扇子は、日本ならではの伝統的な和の味を出してくれます。いろいろな色や絵柄のものがありますが、最近では香りつきの純和風のものなども販売されていて、プレゼントには最適なものがたくさんあります。
日本の心を表現してインテリアやアートのようなものがたくさんあります。使うというよりは、見て楽しむことができるようなものも出てきています。情緒あるものや、派手で豪華なものまで多くの種類がありますので、気に入るものが見つかるのではないでしょうか。日本ならではの水墨画をあしらったような白黒の絵柄のものも人気となっています。カラーではなく、あえて白黒のものを持つことで、上品な印象を与えてくれます。モノトーンのデザインならどんな服装にでも合わせやすく、男性にも使いやすい点が魅力です。
歴史の長い扇子は長期間使い続けることができるもので、使い捨てをするうちわなどとは全然違う伝統品物です。1200年以上も前から日本では使われていて、その進化は日常で使うだけではなく、飾り物としても使うことができますし、日本の文化の代表的な品物としても利用価値があります。骨組み1本ずつ精魂こめて作られていて、日本人の真心がこもった高級なものも販売されています。家に飾っておくには最適なものでもあります。頻繁に買うものではないため、買うときは、しっかりと素材やデザインなど選んでから気に入るものを購入すると長期間使い続けることができます。お手入れをするということも日本の文化を感じ取ることができて、お土産で買って帰るときには大切にする気持ちを持つことで日本文化を大事に引き継ぐことができるのではないでしょうか。

外国人になぜ人気なのか


扇子を思い出としてお土産に買って帰る外国人は多くいます。外国人からしたら、日本の文化を知るのに非常に興味深いもので、多くの人が日本へ旅行に来たときにお土産として買って帰る人がいるようです。
外国人がお土産として買って帰るのに扇子がなぜ人気なのかといいますと、まずは価格面で買いやすい金額だということです。お土産品として売られているものは、比較的安価であるため、何個でも買って帰れるというメリットがあります。さらに、外国でも買えるような品物ではなく、日本でしか買えないような商品であるということも理由の1つでしょう。扇子はそういうことを考えると、外国人の人気おみやげランキングの第9位になっています。なんといっても日本の伝統的な文化を感じることができて、お土産で買って帰っても喜んでもらえて、しかも持ち帰りもしやすい大きさなので荷物がかさばることもない、扇子はお土産として最適なものなのです。いろいろなデザインのものが販売されていて、純和風のものからポップなものまで取り揃えられており、気に入るデザインの扇子を見つけることができます。京都などに行くといろいろなものが販売されていて、素材としても和紙を使われているものもあり、本当に多くの選択肢があります。外国人に大人気のデザインとして富士山の絵が描かれたものはお土産に買って帰るには最高のものです。
さらに最近は、香りつきの扇子が販売されていて、色んな香りつきのものなどは、日本らしさをよく表現していて、外国人からすると日本ならではのお土産になります。外国人は日本でしか変えないようなものをお土産に買って帰りたいわけです。そんな日本らしいお土産としては買いやすい品物です。

次の記事へ