扇子の舞扇堂ホーム > コラム > 扇子の生産工程と扇子の活用シーン、通販サイトの選び方のコツ

扇子の生産工程と扇子の活用シーン、通販サイトの選び方のコツ

扇子の生産工程について


扇子は私たちにとって身近な物の一つですが、実際にどのような生産工程で生産されているのか知らない人も多いのではないでしょうか。生産工程はその扇子に使用される素材などによっても異なりますが、大まかに分けて扇骨加工、地紙加工、仕上げ加工があります。
まず扇骨加工では胴切りが行われます。胴切りとは竹の節を取り除いて、同じ寸法になるよう適切に切る生産工程です。次に、割竹が行われます。割竹とは胴切りで同じ寸法に切断された竹を縦に割る作業です。その後アク抜きが行われます。アク抜きをするためにはゆでることが必要なので、釜でゆでてアク抜きをする業者が多くなっています。アク抜きの目的は後で色つけを行うためです。ゆでると竹が湿るので、湿った部分を取り除くための生産工程としてせんびきがあります。せんびきをすることで湿った部分を取り除くことができ、カワという部分だけを残すことができます。扇子にはこのカワと呼ばれる部分だけが使用されます。湿った部分を取り除く理由は耐久性が低いからです。
さらに目もみがあります。目もみでは穴を空けて、次のあてつけという生産工程で板のようにします。その後白干しを行います。白干しでは天日に干し、乾燥させます。次の工程の磨きではバフをかけて研磨します。そして染によって扇骨の色づけをします。その後すえすきによって先端部分を細かく削り、要打ちで目もみによって空けた穴に樹脂、金属を差し込んでいきます。この要打ちを行えば扇骨は完成です。
扇骨加工の他には、地紙加工の生産工程があります。地紙加工ではまず紙合わせを行います。紙合わせでは薄い和紙と、皮紙と呼ばれる紙の貼り合わせを行います。次に乾燥です。乾燥させる部分は先ほど紙合わせをした時の薄い和紙と皮紙です。乾燥させることで地紙が完成します。その後加飾の生産工程になります。加飾では色引きや上絵などを行い、和紙に装飾を施します。
最後の生産工程は仕上げ加工です。別名ツケと呼ばれることもあります。先ほどまで扇骨と地紙は別々で生産されてきましたが、仕上げ加工では扇骨と地紙を初めて合わせることができる生産工程です。仕上げ加工では地吹きや中骨切り、中づけや、こなしなどの生産工程を経て、最後に親あてを行い扇子が完成します。このように出来上がるまでにたくさんの生産工程を踏んでおり、職人の手によって出来上がっていく流れになっています。

扇子を選ぶ際のポイントを知ろう


これから扇子の購入について検討している人も少なくないでしょう。現在では扇子の種類は豊富にあるので、選び方を知ることで自分に合った、もしくは相手が喜ぶ商品を選択することができます。
選び方のコツは性別を考慮して予算別に探すことです。実際に性別などでデザインが異なるので、自分のために購入をする時は自分の好みにふさわしいデザインがされているものを、プレゼントする人は相手の性別や趣味に合ったものを選択するようにします。
その後に予算を選択します。予算はそれぞれの方で異なります。例えば4,000円程度で抑えたい人や5,000円以上の商品を選択したい人もいます。自分の予算に合わせて選択することで負担の少ない買い物ができます。
どのような目的で購入するのかも選ぶ時のコツです。例えば、贈ることを検討している人の中には父の日や母の日のプレゼントとして選んでいる人もいるでしょう。父の日や母の日は普段感謝の気持ちを伝えられていない両親に贈り物を通じて感謝の気持ちを述べる機会になります。実際に毎年プレゼントを準備しようと思っていても、なかなか仕事が忙しくて準備できないという方もいます。現在では母の日や父の日に贈るのにふさわしい扇子があるので、そのような扇子を購入することもできます。また、お土産として購入することもできるので、どのような目的で購入をするのかを考慮して、その目的に合わせて商品を選択すると、贈る相手にも喜ばれるものを選択することができるのではないでしょうか。

通販サイトを選んで実際に扇子を準備しよう


現在、扇子を販売してくれるところは多くあるので、選び方を知ることで買う際の参考にできます。
選び方のポイントはお問い合わせなどのサポートをしてくれるかどうかです。例えば通販サイトの中にはお問い合わせフォームなどをホームページなどに設置しているところもあります。そのようなところを選択すれば安心してお買い物ができるようになります。
その他の選び方は様々な種類の商品を扱ってくれるかどうかです。例えば業者の中には父の日や母の日のための扇子も販売していますが、その他にオリジナル扇子などの制作にも対応してくれるところがあります。上記では生産工程について述べましたが、実際に作ってみたいと感じる人もいるのではないでしょうか。現在では絵付け体験の実施も行っているところがあります。そのようなお店を選択すれば購入ができるだけでなく、体験をして思い出を家族で共有することができるという魅力があります。

次の記事へ