扇子の舞扇堂ホーム > コラム > 扇子の種類などについて知りたい方はこちらをチェック

扇子の種類などについて知りたい方はこちらをチェック

扇子の概要と特徴、種類に関する情報


古い時代から私たち日本人に親しまれているものの一つに扇子があります。これは古き良き時代の日本の情緒がただようアイテムですが、当時から長い年月が経過した現在でも人々に使用し続けられています。使用しない時には折りたたむことができるため、スリムでコンパクトな形状になり、軽量であるために持ち運びに便利です。また、扇子と言えば和をイメージしている人も多いですが、洋服とコーディネートすることもできます。そのため、年齢を問わずに多くの人に愛されるアイテムとなっています。海外から観光で日本を訪れた外国人の中には、和柄と呼ばれる、日本ならではのデザインが施された商品を土産物に購入する人もいるほどです。
ひと口に「扇子」と言っても、多様なバリエーションがあります。例えば、ファッションアイテムの一つとして使用できるおしゃれなものや、お悔やみの場面でも周囲の人たちに違和感を与えなくて済むものなど、その種類はさまざまです。これから扇子を購入するにあたっては、それぞれの商品の特徴を理解した上で適切なものを選ぶことが大切です。
さらに、扇子は日本の夏の風物詩として知られているように、暑いシーズンに自分に向けて扇いで風を送り、涼を取るというのが一般的な使い方です。クーラーや扇風機などの電化製品とは違って電力の供給を必要としないため、電気代を節約したり、省エネルギーやエコロジーに貢献したりしたいという方にもおすすめのアイテムと言えます。また、かさばらず軽いために、かばんやポケットにしのばせてさまざまな場所へ持ち運び、さりげなく取り出して使用することができるのも魅力的です。

構成する部品と、使用する目的・方法について


扇子を構成しているパーツに、扇面と骨があります。基本的に扇面には紙や布、骨には木を素材としたものが多いです。しかし、中には素材に鉄やアルミニウムなどを使用したものも存在します。また、デザインやサイズにもさまざまな種類がありますが、それらの違いによって性別を限定したものやユニセックスのものがあるため、購入する商品を選ぶにあたっては気を配ることが大切です。最近では夏場の暑さをしのぐためのグッズもさまざまなものが登場してきていますが、古くから日本人に親しまれている扇子は単に涼を取るだけではなく、絵柄やデザインにも日本情緒を感じることができるという特長があります。
さらに、扇子を使用するにあたっては、その目的や方法によってどのようなものを選ぶのかということにも気を配ることが大切です。例えば、日舞や歌舞伎などの世界では「舞扇」と呼ばれるものが使用されます。これは小道具の一つとして使用されるもので、それぞれの演目に合ったデザインのものが選ばれます。また、茶道の世界では所作の折々に道具として小さめのものが使用されます。その他にも豪華なデザインや装飾、精巧な彫刻がほどこされた観賞用のものなども存在します。
このように扇子の種類や使用する機会はさまざまです。

これから商品を購入するにあたってのチェックポイントを紹介


扇子を取り扱うショップには、落ち着いた印象のものからゴージャスなものまで、さまざまな種類の商品がラインナップされています。それらのアイテムは上手に選ぶことで、目にするだけで気持ちが安らいだり、華やいだりするという効果を得ることができます。デザインについては、自分の個人的な趣味・趣向によって選ぶことができます。また、購入した商品を誰かにプレゼントするという選択肢もあります。特に、外国で目にする機会の少ないものなので、海外から日本を訪れている人に贈れば喜んでもらえることでしょう。
さらに、これから商品を購入するにあたっては、使用する目的・方法に合ったものを選ぶこともポイントになります。例えば、日々の暮らしの中で使用する他に、室内に飾って観賞するために商品を購入するという方法もあります。
古い時代の扇子は、歌を書きつけたり、花を載せて贈ったりと、風を送って涼を取る以外の目的でも使用されていました。現代では、そのような光景を目にする機会が少なくなっていますが、仕事の小道具として使用されるケースが存在します。例えば、噺家は話芸を行なう際、見立ての小道具として扇子を使用します。具体的には、そばを食する時の箸や酒を飲む場面の杯など、さまざまなものに見立て、開いたり閉じたり、時として軽く床に打ち付けたりする動作・音によって話に深みを与えています。噺家が使用する扇子は一般的なものとは異なり専用に作られたものです。どのように作られているかと言うと、観客の目に入りやすいように大きいサイズで、少しぐらいの衝撃が加わっても壊れることのないよう頑丈に作られています。
このように扇子は様々な用途で使用することができるため、商品を購入する際はその用途に合わせて適切なものを使用すると良いでしょう。

次の記事へ