扇子の舞扇堂ホーム > コラム > 扇子の耐久性や購入方法について

扇子の耐久性や購入方法について

扇子を購入する時には選び方にこだわろう


暑い夏を涼しくするために使用されるアイテムといえば扇子やうちわなどを思い浮かべる人が多いかと思われますが、その中でも扇子に関しては投扇興などのゲームなどをして活用することが可能です。また、和服を着用する時に使用することも多くなっています。しかし、ここ最近ではファッションとして若者たちが身に着けることも増えています。幅広い世代から愛されているアイテムなので、実際にこれから購入について検討している方も多いのではないでしょうか。しかし選ぶときにはいくつか知っておきたいことがあるため、説明をします。
まず選ぶときには男性用と女性用のサイズの違いがあることを知っておきましょう。扇子というとどれも同じサイズだと思っている人もいるでしょうが、実は大きく分けると男性用と女性用、男女兼用の3つのサイズが存在しています。男性用のサイズのものについてですが、一般的に男性用の大きさは7.5寸と言われており、約22センチの大きさになっています。扇子の中でも大きいサイズで、男性らしさをより出せるよう大きさが考えられています。また、デザインは明るめよりもダーク系の色が多く、シックなものがほとんどです。次に女性用のものについてですが、一般的に女性用は6.5寸と言われており、大きさとしては約19.5センチになっています。デザインは男性用とは異なり、明るめの色が多く、華やかな印象を与えられます。最後に男性でも女性でも使用できるサイズのものについてですが、男性用は7.5寸、女性用は6.5寸と説明しましたが、兼用は7寸の大きさが一般的なサイズです。老若男女問わず使うことができる大きさになっているので、誰でも使えるようにノベルティとしても活躍をしている大きさです。このようにサイズはそれぞれ異なるので、購入する時には事前に調べておくと納得のいくアイテムを手に入れることができます。
扇子を選ぶときには耐久性について考える人も多いでしょうが、大きく分けると素材は紙製と布製の二つに分けられます。その中でも耐久性についてこだわりたいと思っている場合には、布製を選択すると良いでしょう。布製は紙製に比べると風量が弱いため、不満を感じる人もいますが、濡れても簡単に破れないので、耐久性を考えている場合には布製を選ぶと長年使用することができます。耐久性について考えている人は布製のものについて検討をしてみると良いでしょう。
その他のポイントとしては重量感についても重要になります。例えばあおいでいて疲労がたまってしまう場合は、自分に合っていない可能性があります。デザインやサイズなども重要になりますが、重量についても大切なポイントになるので、こちらも事前に調べておくと良いでしょう。

扇子をネットショップで購入するメリットについて考えよう


扇子は人気のあるアイテムとなっているので、専門店もあればインターネットのショップで販売している店舗も存在しています。これから購入しようかと検討している方もたくさんいるかと思われますが、その中でもネットショップを利用して購入したいと考えている人も多いのではないでしょうか。これから購入を検討している方のためにも、メリットについて説明をします。
まず、一つ目は色々なデザインのセンスが豊富に取りそろえられていることです。ネットショップは基本的に扇子を専門的に販売しているので、デザインも豊富に取りそろえられています。選ぶときには後悔はしたくないと思っている方も多いかと思われますが、後悔をしないためにはネットショップのような種類が豊富にそろえられているところを選ぶようにすると良いでしょう。
続いて二つ目はオーダーメードでの作成も可能な点です。専門店の中にはオーダーメードで作成をすることができるショップもあります。例えば選ぶときに気に入ったものに出会わなかったりした場合には、オーダーメードを選択することで自分の好きなデザインにアレンジすることができるため、お気に入りの扇子を手に入れることができます。専門店と言っても全てのショップでオーダーメードができるとは限りませんが、納得のアイテムを手に入れたいと思っている場合には、オーダーメードで作成できるネットショップでの作成を検討してみると良いでしょう。

扇子をあおぐときのマナーについて考えよう


扇子は特に夏の期間は持ち歩いて暑さを感じたらあおぐこともあるかと思われますが、実際にあおぐ際には守った方が良いマナーがいくつか存在しています。恥をかかないためにも、また周りの人に迷惑をかけないためにも知っておきたいマナーについて説明していきます。
まず、扇子を開く時と閉じる時ですが、中には勢いよく開閉させる人がいますが、人が多くいる電車の中などでは手が滑ると人に当たってしまう可能性もあります。危険行為になるので、なるべく開閉する時は静かにするようにしましょう。
また、あおぐときですが、人が多くいるところで強くあおいでしまうと、別の人にも風を送ってしまう可能性があるので、できる限り首元でゆっくりとあおぐように心掛けましょう。

次の記事へ