扇子の舞扇堂ホーム > コラム > 扇子の豆知識や無地の扇子について

扇子の豆知識や無地の扇子について

扇子の種類は2つある


扇子には大きく分けると2つの種類が存在していると言われています。これから夏になるにつれて人気が高くなりますが、実際に購入を検討している人も多いのではないでしょうか。購入するなら後悔をしない選び方をしたいと思う方が多いでしょうが、後悔しないためにはその種類についてまずは理解をしておくといいでしょう。では実際にどのような特長があるのかについて紹介します。
まず1つ目の種類としては紙製の扇子です。紙製のメリットとしてはいくつか上げられますが、一つは風量が強いことです。特に夏の季節は気温も上昇し、あまり風がない日も多いので暑くて耐えられないと思う方もいますが、紙製なら強い風量であおぐことができるので、夏をしのぐのに最適なタイプとなっています。風量が強いタイプを探しているという場合には紙製について検討するといいでしょう。そして、安価に購入することができるのも魅力的な部分です。うちわに比べると比較的値段も高いと言われている扇子ですが、紙製ならうちわとそれほど変わらないくらいの価格で販売されています。高価なタイプはほとんどないので購入しやすいタイプとなっています。紙製にはこういったメリットが存在しています。夏に快適に使える手頃なものを求めているという方はこれからの季節に紙製のものを選んでみてはいかがでしょうか。
続いて2つ目の種類に布製の扇子があります。これはその名の通り布を使用してつくられているタイプですが、布製にもメリットがいくつか存在しています。まずは耐久性に優れていることです。例えば日本の梅雨はじめじめしているため、扇子を使って扇ぎたいと思っている人もいるかと思いますが、紙を使用している場合は雨に弱いので簡単に破れてしまう可能性があります。しかし、布製であれば、万が一濡れてしまっても乾かせば破れることなく使用できるので耐久性に優れています。簡単に壊れない長く使えるタイプを探している場合には布製を選択するといいでしょう。その他のメリットは模様や柄が豊富に揃えられていることです。布製は華やかなデザインや高級感があるデザインが多く、ファッションの一部として使われることがあります。また、デザイン性に優れているのでお土産としても選ばれることが多くなっています。このように布製にも魅力のあるメリットが存在しています。

無地の扇子は何に使われるのか


扇子というと扇の部分にデザインが施されていることが多く、華やかなイメージがありますが、必ずしもデザインがされているとは限りません。無地の扇子も購入することができます。実際に無地のタイプはいろいろな使い道があるのでここではどんな場面で使用されるのか紹介します。まず無地のタイプが選ばれる理由としては販促物やノベルティとして活用しやすいからです。例えばデザインなどが入っている場合には使い勝手が悪くなるのでノベルティや販促物として出すのは難しくなります。しかし、無地のタイプならデザインも自由自在に行うことができるので、ノベルティや販促物として活用しやすくなります。例えば企業などで販促物を作成したいと思っている人はこれからの時期に選ばれる無地の扇子について検討するといいでしょう。
また、自由にメッセージなども書き込むことができるのでサプライズやプレゼントなどにも活用されます。例えば誕生日のメッセージカードとしてこれからの季節に便利な扇子を用意するのもいいでしょう。無地ならメッセージを扇に書くことができるので、お祝いのメッセージを伝えることができます。また、プレゼントとしても人気のある扇子なので、プレゼントする人が欲しいと思うようなデザインで仕上げることもできるので魅力的です。このように、無地のタイプも近年では人気を集めているので、オリジナルで作成したいと思っている人は購入について検討するといいでしょう。

扇子を販売している通販サイトの選び方について


扇子を購入する時には人それぞれ様々な目的がありますが、実際に販売している通販サイトもたくさん存在しています。選び方は重要だと思う人も多いのではないでしょうか。ここでは選ぶときにチェックしたいポイントについて紹介します。まず、既製品の購入をするならデザインなどの品揃えが多い通販サイトを選ぶといいでしょう。例えば場所によってはなかなか種類がないという場合もあるでしょう。通販サイトによっては品揃えが豊富なところもあるので魅力的です。
また、選ぶときはオリジナルで作れるかも確認しておくといいでしょう。例えば気に入るデザインがなく、自分で作成したいと思う人も多いでしょう。通販サイトによって異なりますが、中には一から作り上げることができる通販サイトもあり、オリジナルで扇子を完成させることができます。自分だけのオリジナルで作成したいと思っている人はそれに対応してくれる通販サイトの利用を検討してみるといいでしょう。

次の記事へ