扇子の舞扇堂ホーム > コラム > 扇子の購入を検討している方へ

扇子の購入を検討している方へ

扇子を選ぶときのポイント


扇子は世の中にたくさん存在しており、種類も豊富にありますが、購入する際にはできる限り満足度の高い商品を購入したいと思っている方も多いのではないでしょうか?これから購入を検討している方もたくさんいると思いますので、今回は失敗しない選び方について紹介します。
まず、選ぶときのポイントとしては重量感です。扇子に使われている素材は色々あるのでそれぞれの完成品によって重量感は異なります。例えば、使用する時に重たいと感じてしまったり、扇ぎづらいと感じてしまった場合には長く使用することができません。また、夏場に使用することが多いので、重量があっては疲れてしまい涼しいと感じられなくなってしまいます。いつまでも快適に扇ぐためには重量感は大切なので、その点も頭に入れておくと後悔することは少なくなります。
続いて、選ぶときに大切なポイントとしては品質です。扇子は日本だけでも色々な地域で販売されていますが、作り方に関してはそれぞれの販売店によって異なります。販売店に行くときに見ておきたいポイントとしては仕上げの丁寧さです。例えば、仕上げが雑になっている場合は、せっかく選んだ扇子を長く使用することができません。すぐに壊れてしまう可能性もあるので、選ぶときには仕上げについても確認をすると良いでしょう。
長く使用するためには日頃のメンテナンスなども重要になりますが、一番見ておいた方が良いポイントは丁寧に仕上がっているかということなので、できる限りこだわるようにしましょう。また、耐久性で選ぶなら布製の扇子を選ぶようにしましょう。例えば、布製以外に使用されている素材としては紙が存在していますが、紙で作られている製品は雨などで濡れてしまうと傷んでしまうので、雨の日の使用も考えている場合には、耐久性に優れている布製の扇子を選ぶようにすると良いでしょう。強度は使われている素材によって変わってくるので、長く使用し続けたい場合は耐久性にこだわることも大切です。
このように、今回は選ぶときのポイントについて紹介しましたが、適当に選んでしまうと長く使用できないので後々後悔する可能性が高くなります。後悔しないためにも選び方にはこだわった方が良いので、購入する前には選び方のポイントなども見ておくと良いでしょう。

扇子を扇ぐときのマナー


扇子は特に夏場には欠かせないアイテムの一つになりますが、うちわに比べると折りたためることもありカバンの中であまりスペースを取りません。ですから、どこにでも持ち運びができるのが魅力的です。本格的な夏のシーズンは終わりを迎えていますが、まだまだ残暑が厳しく暑い日が続きます。そんな時に、少しでも涼しくなるように扇子の使用を検討している人たちも多いと思いますが、家の中以外に外で使用する場合にはマナーが存在します。迷惑をかけないためにも使い方は重要になるので、今回は扇ぐときの正しいマナーについて紹介します。
まず、電車などで使用する場合ですが、隣の人や周りの人に風が当たるのはマナー違反になります。例えば香水を付けていたり、汗を大量にかいている場合には周りの人の気分を悪くしてしまう可能性もあります。自分の事だけを考えてしまうのは良くないので、できる限り相手に迷惑をかけない扇ぎ方をするようにしましょう。では、どのように扇ぐのが一番良いのかということですが、基本的には周りの人に風が当たらないようになるべく顔の下で扇ぐようにしましょう。しかし、顔の下でもバタバタと扇いでしまうと周りに風を送ってしまいますので、できる限りゆっくりと自分だけに風を送るように心掛けましょう。
このように、涼むためには扇子は欠かせないアイテムですが、マナーを守らないと他人に迷惑をかけてしまうこともあります。快適に使用するためにもマナーは守って扇ぐようにしましょう。

扇子を購入する際には販売店にもこだわろう


扇子を購入する際には基本的に販売店を利用することが多いと思いますが、実際に取り扱っている店舗は数多く存在しています。その中でも納得の商品を選ぶためには販売店にこだわる必要があるので、今回は販売店の選び方を紹介します。
まず、大切なポイントとしては扇子を専門的に取り扱っているかどうかです。例えばインターネット上などで販売している店舗は、専門的に取り扱っているところもたくさん存在しています。専門的に取り扱っているところなら納得のいく商品が手に入る可能性もあるので、商品を豊富に取り扱っているかどうかを見るようにしましょう。また、オリジナルで作れるかどうかもポイントです。例えば、個性的なデザインで作られているものが欲しいと思った場合には、販売店に並べられていない場合が多いですが、こういった場合にはオリジナルで製作が可能な販売店も存在しています。自分に合う扇子を見つけたいと言った場合にはオリジナルで作成可能な販売店を選ぶようにしましょう。

次の記事へ