扇子の舞扇堂ホーム > コラム > 扇子の選び方や伝統デザインについて

扇子の選び方や伝統デザインについて



扇子の選び方で悩んでいる方へ



扇子は昔の人が使うものじゃないの?と古いイメージを持っている方もいますが、最近では若者からもファッション小物として人気が高くなっていますし、外国人の観光客も購入する人たちが増えています。今でも世界中から人気の高いアイテムですが、特に初めて購入する人の中には何を選ぶべきか迷っている人もいるのではないでしょうか。悩む理由としては種類等も多いからです。ここではこれから購入を考えている方のためにも選び方のコツについて述べます。

まず選ぶときに大切なのがデザインです。例えばデザイナーなどが考えているデザインも存在していますが、中には昔からある伝統デザインも存在しています。昔からの日本の扇子を選びたいなら伝統デザインの京扇子などを購入するといいでしょう。デザインも選ぶときには重要なポイントです。種類が多いのでどんなデザインがあるのかまずはチェックしてみると、自分の好みも明確になり、イメージに合ったものを選ぶことができます。

続いて選ぶときに考えたいのが長く使えるかどうかです。扇子の素材は一種類ではありません。一般的には紙と布の2種類が存在しています。どちらにもメリットとなる点はありますが、その中でも長く使いたいなら布素材のものを選ぶのも方法の1つです。なぜ布なのか説明をしますが、紙は一度濡れてしまうと染みになったり、大量に水がつくと破れてしまう原因にもなります。そうなると長く使うことは難しい為、長く使うことを目的としているなら布素材がおすすめです。

続いて考えたいのが価格です。扇子と言っても価格は様々です。作り方や品質によっても価格は変わります。価格に関しては人それぞれ予算などもあるかと思うので、選ぶときは種類の多い店舗で購入を考えたほうがいいです。なるべく選択肢の多いところの方が数ある中から選べるので予算に合うタイプを探すことができるでしょう。また、選ぶときは大きさについても考えて選ぶようにしましょう。男性用、女性用として作られたものもあり、大きさは男性用よりも女性用の方が扇子の形が小さめに作られています。身体や手の大きさによって使いやすい大きさは異なるので、購入するときは実際に扇いでみるなどして、大きさについてもチェックをして選ぶようにすると安心です。

このように、ここでは選び方のコツについていくつか説明しましたが、せっかく扇子を購入するなら妥協しない選び方をしたいものです。その為にはある程度選び方の知識がある方がいいので、興味がある方や購入を考えている方は参考にするといいでしょう。



扇子の伝統デザインについて



扇子は昔から受け継がれている伝統的なものになります。また、デザインなども受け継がれているものがあるので、伝統デザインを今でも取り入れて販売しているところも多いです。

歴史が古いとされているのが京扇子です。実際にそれが誕生したのは平安時代初期にまで遡ります。平安時代初期に木簡から派生して京都で造られました。当時は紙が今よりも貴重に扱われていた時代でしたが、それを何度も綴り合わせて作成されました。そして現代では伝統手法を変えることなく作成されており、伝統デザインも受け継がれています。

伝統デザインを取り入れたものの中には本藍染めを使用したものも販売されています。本藍染めは江戸時代に主に使われた手法で伝統デザインの一つになります。このように現在でも伝統デザインが施された扇子を扱うお店は多く、そのような伝統デザインが施されているものを購入したい人は通販サイトなどを利用して購入を検討してみてはいかがでしょうか。



扇子を販売する通販サイトの選び方のコツ



現在では通販サイトで扇子を販売するところが多く、自分で使うために、あるいはプレゼントをするために購入を検討している人の中には、どのような通販サイトを選択して購入すればいいのかわからない人も少なくありません。

通販サイトの選び方のコツはまず、取り扱う商品の種類の豊富さです。たくさんの商品を扱うところを選択すれば自分に合った伝統デザインが施されているものを購入できる可能性が高くなります。複数のイメージに合う商品の中から選択ができるので、利便性を感じる人も多いでしょう。

自分で使うために購入する人の中には豊富な種類のところを選択して納得して購入する人もいますが、プレゼントやお揃いで使用するために購入をする人は男女ペアの商品を扱うところや名前を入れてくれるサービスを提供してくれるところを選択するのも方法の1つです。名前を入れることができればプレゼントした相手に喜んでもらうことができる可能性が高くなります。また、男女ペアの扇子を準備してくれるところを選ぶことで、お揃いのものを簡単に揃えることができます。

業者を選ぶ時には問い合わせを受け付けてくれるところを選択すると、疑問点などを相談できるので、安心してく利用することができるのでおすすめです。

次の記事へ