扇子の舞扇堂ホーム > コラム > 扇子をブランドなどから選択しよう

扇子をブランドなどから選択しよう

扇子を選ぶ時はブランドなどを把握しよう


扇子はお祭りや普段の生活でも活用することができます。例えば、8月上旬や下旬には花火大会が各地で開催されます。花火大会が催される周辺には数多くの屋台が軒を連ね、花火大会の見物客の食欲をそそります。お祭りの洋服は普段着でも参加できますが、浴衣を着ていく方も多いでしょう。浴衣には小物を身につけるのが一般的です。浴衣を来て扇子を持ち、お祭りを楽しまれる方も少なくありません。また、浴衣を着用する時だけではなく、普段の生活でも涼むために使用することができます。
扇子の歴史は古く、そのルーツが誕生したのはおよそ1200年前であるとされています。平安時代には今の原型が出来上がり、日本は昔から扇子を海外に紹介していました。そのため、海外でも一時的に普及したとされています。
以前から使用していた扇子が壊れてしまったり、新しく自分の名前を刻んだものを購入したいと思っている方もいるでしょう。購入をする際にはまずブランドを確認します。洋服にもブランドがあるように、扇子にもブランドが存在しています。ブランドによっては享保の改革としても知られる1718年の江戸中期から、存在する老舗ブランドも存在します。また、伝統的な巧みな技と並行して先進的なデザインを取り入れたブランドなどその種類は数多く、自分好みのブランドから選択するという方法も一つの手段でしょう。
ブランドの他にも既製品からオリジナル制作まで幅広く選択できます。街中のショップではオリジナル制作をしてくれるところは限られますが、通販であればオリジナル制作を受け付けてくれるところはたくさんあります。オリジナル製作では自分がデザインしたものを扇部分にプリントできるため、自分オリジナルのものを持ち歩くことができます。また、大切な人とお揃いのものを共有するために購入することも可能です。例えば同じデザインで制作依頼をして、それぞれの名前を刻み大切な人と使用することも可能でしょう。
オリジナル製作をしてくれるところでは、もちろん既製品を購入することも可能です。既製品とは既にデザインが完成している商品です。デザインに変更を加えることはできませんが、名前だけを刻んでもらうことは可能です。自分のために購入をするが、社会のために役に立ちたいと思われる方もいるでしょう。通販ではチャリティ扇子の販売も行っています。このサービスは商品を購入し、そのお金を日本で困っている方に寄付をしてくれるサービスです。売上の収益は全額寄付されるため、日本で貧困に困っている学生さんや震災などでご両親を亡くされたお子様の今後の生活を支援するための募金として使ってもらうことができます。当然商品は自分の手元にとどきます。

ギフトとして購入する


日本には記念日などが定められており、場合によってはその日が休日になることもあります。私達にとって身近な記念日として母の日や父の日などがあります。母の日や父の日はご両親に感謝の言葉を伝えるための日です。母の日ではカーネーションやカタログギフトをプレゼントされる方もいますが、扇子を購入してプレゼントされてみてはいかがでしょうか。持つ部分に名前を刻むことができるため、お母様やお父様の名前を刻んでもらうことも可能です。
また、感謝の気持ちを伝えるためにオリジナル製作をして、感謝の言葉をデザインの中に入れて伝えることもできるでしょう。通販では婦人用のものも販売されており、幅広い商品の中から選択することができます。母の日は毎年プレゼントを渡しているが、父の日は今までプレゼントしたことがないという方もいるのではないでしょうか。母親に比べて父親は仕事で忙しく、顔を合わすことが少ないご家庭もあるでしょう。この機会に父の日に扇子をプレゼントしてみてはいかがですか。男性向けの商品も豊富に販売されており、お父様が好むデザインも見つけられるでしょう。

扇子を販売する通販のサービスについて


扇子を販売する通販では数多くの利用者が満足するために様々なサービスを提供してくれます。サービスの一つに送料無料があります。基本的に通販では購入代金とは別に送料がかかります。何故なら商品を自宅まで郵送しなければならないからです。商品価格だけの場合、巷のショップで購入する時よりも通販の方が値段が安いことがありますが、送料が含まれると結果的に料金が高くなったという経験をされたことがある方もいるでしょう。
一定金額お買上げの方は送料が無料になるなど、購入者の負担を軽減してくれる業者もあります。また、メルマガ配信などのサービスを提供してくれるところもあります。メルマガに登録をしておけば新しく入荷した商品などをメールで確認することができます。
また、通販業者の中にはギフトラッピングやのし包装が無料のところもありますので、そういったところを利用すればプレゼントする際も便利に利用できるでしょう。

次の記事へ