扇子の舞扇堂ホーム > コラム > 扇子を利用しよう

扇子を利用しよう

扇子の魅力について


扇子は日本に古くから存在している伝統的な工芸品というイメージがある方も多いと思いますが、最近では年配の人たちだけでなく、若者世代にも人気のアイテムだと言われています。そんな幅広い世代から人気を集めている扇子ですが、実際に利用することによってどのような魅力が存在しているのでしょうか?
まず、一番の魅力と言われているのが夏場の暑いシーズンに活躍することです。日本の夏は基本的にどこの地域も30℃を超えるような猛暑になります。涼むアイテムの一つとして扇子は効果的です。
室内ではエアコンや扇風機などを使用している場所が多いため扇ぐ必要はありませんが、外にいる時などは冷房の設備は完備されていません。汗を大量にかいてしまうような暑い場所に出かけなければならないこともあるでしょう。そんな時に重宝するのが扇子です。扇ぐことによって風を送ることができますから、夏場に外を歩く際には何も持たずに歩くより涼しさを感じることができます。夏場は熱中症の危険性もあるため身体を表面から冷やすことは大切です。特に30℃の気温を超すような猛暑の日には、できる限り涼むことができるアイテムを持っていくようにすると良いでしょう。たたんで持ち運ぶことができますので、バックの中でも場所をとることなく気軽にもって出かけられるでしょう。
続いての魅力はファッションアイテムとして使用可能な点です。基本的に扇ぐイメージが強いかと思いますが、実はファッションアイテムの一部としても使用されています。ファッションの一部として使われるようになっている理由としては、そのデザインになります。うちわなども綺麗な柄のものが多いですが、扇子に関しては和のイメージが強いものやシンプルなものも存在しているため、他にはないデザインの魅力があります。特に外国人などは和のイメージが強いアイテムを好むことが多い為、日本人のみならず外国人もファッションの一部として使っています。幅広い世代に使用されているアイテムですが、現代では国を超えて人気のアイテムとなっているのです。
最後に3つ目の魅力について紹介します。それは贈り物としても喜ばれるということです。近年ではネットからも手軽に購入をすることができるようになり、店舗によってはオリジナルで作成可能なところもあります。自分好みのオシャレな扇子を作ることも可能となっています。
このように、3つの魅力について紹介しましたが、他にはない魅力をたくさん持っています。種類も豊富なので、夏のアイテムとしてだけでなく、様々な分野で活用してみてはいかがでしょうか。

扇子の正しい使い方


扇子はファッションに一部としても人気があるアイテムなので、たくさんの人たちに使用されていますが、正しい使用方法はご存知でしょうか?
まず、開き方についてですが、開く際に勢いよくバサッと広げるのはあまり良くないと言われています。勢いよく広げてしまうと壊してしまう原因にもなってしまいますし、劣化を早めてしまいます。できる限り優しくゆっくりというイメージを持って広げるようにしましょう。また、閉じるときも開く時と同じでゆっくりと閉じるようにするのが基本です。扇子は型崩れがしやすく繊細だと言われているので、閉じた後はそのままカバンにしまうのではなく、購入時についている紙やゴム、ケースにはめてから収納するようにすると型崩れを防ぐだけでなく、綺麗な状態で保管することができます。
次に扇子の正しい扇ぎ方について紹介をします。暑い時には激しく扇いだり、顔の前で扇ぐ方もたくさんいますが、実はこれらはマナー違反になります。基本的には顔の真下、首のあたりでゆっくりと静かに扇ぐのが正しいマナーになります。マナー違反をしてしまうと他の人に不快な思いをさせてしまうこともあるので、できる限りマナーは守って正しく使うようにしましょう。
正しい使い方について紹介をしましたが、どのアイテムでも正しく使った方が壊れることもありませんし見栄えも良いので、今まで知らなかったという人もこれから使ってみようと思っている人も、正しく使う方法をあらかじめ調べておくと良いでしょう。

扇子をネットで購入するメリットについて


扇子を販売している店舗は全国各地にたくさんありますので、選ぶ際に悩む人たちもいるかもしれません。近年ではネットからの購入が可能になっており、その利用者も多くなっています。実際にネットから購入をすることで得られるメリットとはどういったものがあるのでしょうか?
まず、ネット通販で購入をする際には種類が豊富にあることが魅力的になります。ネットでは在庫がある限りたくさんの商品の掲載ができるため、商品の種類も幅広く取り扱うことができます。種類が豊富なら納得のいく商品を見つけやすくなります。
また、ネット通販の中にはオーダーメイドに対応してくれるところもあるので、より納得のいく扇子を見つけることができます。

次の記事へ