扇子の舞扇堂ホーム > コラム > 扇子を選んでコーディネートも楽しく

扇子を選んでコーディネートも楽しく

扇子は伝統的なアイテム


和風なスタイルに欠かせない着こなしアイテムの一つが扇子です。そのルーツは日本古来から始まっており、現代では国際的にも多くの場所でファッションの一部として親しまれています。日本での元々の形は「檜扇(ひおうぎ)」と呼ばれるものでした。最初に作られたのは1200年ほど前のことで、当時は紙自体が貴重であったために、初期の形は薄い木の皮を使っていました。その後、平安時代に今の一般的な扇子の形へと変化し、数本の骨に紙を張ったスタイルがこの時から生まれます。
広く一般的に親しまれるようになったのは、茶道具や能で武家の芸能が発展していった時期になります。扇子を利用して涼しさを楽しむという実用的なスタイル以外にも、礼儀や贈り物など形としてのコミュニケーションツールでもありました。所有していることが一種のステータスでもあったアイテムです。ヨーロッパの社交界では、日本の扇を利用してファッションに取り入れるようなこともルイ王朝時代に興ったほどです。モダンで優雅なスタイルも、世界共通で親しまれたアイテムは日本の文化として誇らしいものです。
扇のアイテムは、海外から日本へ逆輸入されてどんどんと発展してきた経歴もあります。時代や世界を超えて愛されているファッションアイテムと言えるでしょう。現代でも、根強くファンが多いのも特徴のひとつです。紙製のものから布地のものまで幅広く親しまれています。バリエーション豊かなアイテムとなった扇子を、あなたにぴったりのスタイルで日常的に取り入れてみてはいかがでしょうか。モダンにも、和風にも合わせやすいのでちょっとしたアクセントには有効です。また収納しやすいアイテムでもあるので、持ち歩くのにも鞄や手元の邪魔にならないのも嬉しいポイントです。

モダンなおしゃれとして楽しもう


扇子には、男性用と女性用に分かれているものもあります。その違いは大きさにあります。男性のタイプは7.5寸、およそ22センチメートルとなり、女性用は6.5寸およそ19.5センチメートルのものが一般的です。また、使用されている柄の違いからも、女性向けか男性向けかを判断することが可能です。男女兼用として7寸およそ21センチメートルのものもあるので、ノベルティグッズやプレゼントとしては最適です。
男性への贈り物としては、着物との相性から紺色やシックな模様を選ぶことがおすすめです。女性向けでは、季節感のあるお花や可愛らしい柄を選ぶと無難です。モダンさが漂う幾何学模様も個性的で持ち歩くのに素敵です。扇子に使用されている扇面の質の違いで選ぶのもひとつのポイントです。紙で作られているタイプは、仰ぐにはぴったりの風量です。しかしながら、一方で水に弱いなど耐久性は低くなります。定期的な買い替えや張り替えなどが必要な場合もあるので、こまめにチェックしておくことをおすすめします。布地のものであれば耐久性は高く、長く使うことができます。しかしながら、布であるために紙よりは仰いだ際の風量が下がります。自分が「どんなスタイルで持ち歩くのか」「またどんな機会で利用するのか」といった頻度なども考慮して選んでみてはいかがでしょうか。
扇子のバリエーションによっては、ペアで楽しめるものも登場しています。夏祭りなど、浴衣姿で恋人と出かける際に二人揃えて使ってみるのもおすすめです。また、結婚式のプレゼントとしても喜ばれるのではないでしょうか。柄のペアルックであれば、パッと見ただけでは目立たないのでさりげなくおしゃれをしたいカップルには最適な楽しみ方です。ご高齢の夫婦への贈り物としても落ち着いた柄などを選んで贈ってみるのもおすすめです。

あなたにぴったりのものを見つけよう


扇子を選ぶ際には、全体の重量感も考慮すべき大切なポイントです。一般的に、骨組みは強度性の強い竹で作られている場合が多くみられます。重さのある骨組みであれば、風を起こすのにもしっかりと本体が支えられるのできちんと風量が得られます。また、竹のアクセントが見た目にも涼やかさを演出するというような要素もあります。竹のどの部分を骨組みに使用しているかというところでも判断してみてはいかがでしょうか。竹の内側よりも外側のほうが密度が高く、強度性も高いです。長持ちさせる扇子を選ぶのであれば、骨組みの質にも着目しておきましょう。
また、竹と合わせてチェックしたいのが扇子の先の大きさです。全体に比べて先端が少しすぼまっているタイプは「ため」があるタイプです。親骨が扇子の先端の部分でしっかり閉じるように、内側へ曲げられています。この「ため」があると手になじみやすく、持ち歩くのにも便利です。ための有無についてもチェックしておくことをおすすめします。
全体のバランス、デザイン、持ちやすさなど総合的な判断をすることで、あなたにぴったりの扇子を是非見つけてみてください。最初は難しくても、徐々に使い慣れれば開いたりと至りがスムーズになり見た目にもかっこよく決まるはずです。

次の記事へ