扇子の舞扇堂ホーム > コラム > 材質などに気を配って良い扇子を購入する方法など

材質などに気を配って良い扇子を購入する方法など

暑いシーズンの不快感を和らげるために活躍する扇子の購入にあたっては



夏場には、扇子や団扇などを使用すると、涼やかな風を感じて、暑さによる不快感を和らげることができます。その内、扇子は、投扇興などのゲームをする時にも登場しますが、和服とのコーディネートもしやすいものとなっています。こちらは、古き良き時代の日本情緒がただようアイテムですが、最近になって、その魅力が再び注目され始め、若年層の人たちの中には、ファッションアイテムとして身につける人も増えてきています。そのように、幅広い年代層の人たちに親しまれている扇子ですが、これから購入するにあたっては、然るべきポイントを押さえた上で実際の行動を起こすことが大切になります。

まず、扇子の中には、それぞれの性別に特化して作られているものと、どちらの性別でも使用することのできるものが存在します。それらの種類によって、サイズやカラー、デザインなどの違いがあるので、購入するのに先立ってはチェックしておくことをおすすめします。例えば、ノベルティとして不特定多数の人たちに配布する目的で扇子を購入するのであれば、ターゲットとなる顧客層の性別を特定することができないので、両性兼用のタイプを選択すると良いでしょう。

次に、アイテムの材質もチェックしておきたいポイントとなります。扇子の材質には、大きく分けて布・紙の2種類があります。その内、布製のアイテムは、紙製のものと比較すると、風量が少ないという問題があるものの、水濡れに強く、耐久性が高いというメリットがあります。



扇子に使用される素材と、ネットショップの利用について



これから扇子を購入するにあたっては、アイテムの材質によって、風量や耐久性などの条件に違いが生じてくるので、前もってチェックしておくと良いでしょう。また、アイテムの重量についても気を配りたいところです。扇子はあおいで使用するものであるため、重すぎると疲労がたまり、軽すぎても使い勝手が悪くなってしまうので、注意する必要があります。こちらの条件では、アイテムを購入するのに先立って、記載されている重量を確認するだけではなく、実際に商品を手に持って、扇いでみるのがおすすめの方法です。

最近になってその魅力が再び脚光を浴びている扇子ですが、購入するためには、専門店やネットショップなどを利用することができます。その中でも、インターネット上のショッピングサイトは、実店舗にはないメリットがあるので、事前にチェックしておくことをおすすめします。

まず、リアルショップの場合、店内のスペースに限りがあるため、陳列することのできる商品の種類や数量も、それなりの制約を受けることとなります。その一方で、ネットショップであれば、注文を受けた商品を手配するにあたって、場所的な自由度が高いために、バラエティ豊かな商品をラインナップすることが可能です。そのような事情から、ネットショップは、自分なりのこだわりを反映した商品を探したいと考えている人にとっても利用価値が高いと言えます。

次に、実店舗と比較して、利用することのできるサービスの選択肢が多いのも、ネットショップの魅力になります。例えば、扇子の販売提供を行なうネットショップの中には、商品のオーダーメイドにも対応しているところがあります。こちらのサービスを利用すれば、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に合わせて、この世に2つと同じものが存在しないアイテムを手に入れることが可能になります。



パブリックスペースで扇子を使用するに際して気を配るべきマナーやエチケット



扇子を購入する際には、サイズや色、デザイン、材質、重量など、さまざまな点に気を配ることが大切です。また、購入したアイテムを使用するにあたっては、マナーやエチケットを守ることがポイントになります。こちらの条件に気を配らないと、自分が恥をかいたり、周囲の人に迷惑をかけたりすることにもなり兼ねないので、注意する必要があります。

特に、混んでいる電車の中など、大勢の人たちが近くにいる環境の中で扇子を使用する場合には、その種のリスクが高くなります。例えば、開いたり、閉じたりする時、勢いよく開閉の操作をすると、周りの人にぶつけてしまう可能性もあります。そのようなリスクを回避するために、なるべく静かで穏やかな動作で開閉することがポイントになります。

また、あおぐ時には、周りの人にまで風がかかる可能性があります。周囲の人が、送られた風を心地よいと感じてくれれば問題ありませんが、中には、不快に思う人もいるかも知れません。そのような事情から、トラブルが発生するリスクもあるので、気をつける必要があります。そうした無用なトラブルを回避するために、意図しない方向へ風が行かないよう、自分の首元などにできるだけ近づけて、なるべくゆっくりとあおぐように心がけることが大切です。

次の記事へ