扇子の舞扇堂ホーム > コラム > 父の日プレゼントに扇子!センスのいいオリジナルでサプライズ

父の日プレゼントに扇子!センスのいいオリジナルでサプライズ

扇子の生産高の約9割は京都

 
扇子は日本が発祥の地で、その原型は平安時代の木筒にあり1200年の歴史があります。暑い夏の風送りとして使われるだけでなく、冠婚葬祭や芸能などにも幅広く愛用されており、日本舞踊ではなくてはならない小道具の一つです。また、落語ではそばやうどんを食べるしぐさをするときに扇子を箸に見立てて使うお馴染みの使い方もあります。噺家にとって扇子は手ぬぐいとともに重要な落語の小道具です。日本舞踊といい落語といい、まさに日本の伝統文化の一つとなっています。
扇子の形状は、要の部分を中心に扇形になっていることから「末広がり」に通じるので縁起の良いものとされています。そのため、めでたい席での引き出物やプレゼント、販売促進品としても使われています。現在、日本の扇子生産の中心は京都府で、そのシェアーは9割以上を占めています。京都府で作られる扇子のことを京扇子といい、国の伝統工芸品に指定されています。京都府に近い滋賀県高島市には良質な竹があり、その竹を扇骨として使っています。京扇子は、京都らしく優雅な絵柄が特徴で、お土産やプレゼントとしても人気があります。
扇子を作るときにはまず素材から決めることになりますが、素材は大きく分けると紙製と布製の2つあります。紙製のものは風量が強いのが特徴で価格も安価です。布製は紙製に比較すると風量は弱くなりますが、耐久性が強いという特徴があります。布製は雨などに濡れても乾燥させるとすぐ元に戻り変色することもないので長く使うことができます。また、扇子のサイズは女性用のものは、男性用に比べて多少小さくて軽量に作られています。
扇子の骨には繊細な職人の技術が使われているため、あおぐ際に体に触れると竹が折れる心配があるので要注意です。もし、扇子が壊れてしまった場合、修理が可能なケースもあるので購入店に問い合わせしてみてください。扇子の保管は、付属の止め紙やゴムを使って止め高温多湿な場所をさけて保管するようにしましょう。扇子を購入すると、取り扱いのコツをまとめたしおりがついているので参考にすることができます。

オリジナル名入れ扇子でサプライズを演出


2017年の父の日は6月18日です。日頃のお父さんの苦労と愛情に感謝し、子どもたちが父を慰労する日です。大切な人にあげるプレゼントを何にしようか悩んでいる方も多いと思います。そこで、世界に一つだけのオリジナルな扇子を贈り、センスの良さを披露してみてはいかがでしょう。欲しくてもなかなか手に入らないもの、そして喜ばれて感動してもらえる扇子を贈ってみましょう。
そこで、名前の入った扇子を父の日のプレゼントとしておすすめします。通販サイトを利用すると名前や日付を入れることが可能ですし、たくさんのデザインや種類の中からお父さんの年齢や好みや雰囲気に合ったものを探すことができます。まさに、世界に一つだけのオリジナルの扇子を贈ることができます。街なかのショップでは、名前を入れたりするオリジナル制作をしているところは限られますが、ネット通販であればオリジナルの制作を行っているところがたくさんあります。
扇子の名入れをする際には、レーザーを使ったものがあります。レーザーで掘り込むので手入れ文字が消えることはありませんし、安価で入れることができます。男性でも女性でも自分の名前の入ったプレゼントは、自分専用という特別感があり貰うと嬉しいものです。
通販サイトでは、男性用のオリジナル商品としてたくさんの扇子が販売されています。夏の花火大会や盆踊りのファッション小物として持つのも素敵です。男性もののデザインとしては、扇の部分に富士山や歌麿美人が描かれているものや、日本独特の風景や模様がデザインされているものなど和風のデザインもあります。年齢に関係なく長く使える名入れ扇子は、まさに父の日のサプライズプレゼントにぴったりの品物です。

通販で優雅なオリジナル扇子を購入する


扇子は老若男女を問わず使えるもので、日本では昔から贈り物として人気の品物です。扇子を扱っているサイトはたくさんありますが、京扇子を販売しているセンスの良いお店を選んでください。通販サイトを利用して扇子を購入するといろいろメリットがありますが一つは、豊富なラインアップの中から、店舗に行くことなくじっくり選択することができることです。自宅にいながらいくつかの通販サイトを比較し検討することができるのは魅力です。
また、店舗に行くまでの時間と費用を節約できますし、開店閉店時間を気にすることなくゆっくり選ぶことができます。さらに、通販サイトは既製品も販売していますが、名入れやデザインの変更などオリジナル制作を行っているところがたくさんあります。名入れをすることでさまざまな場面で活用することができますし、隅々までのデザインにこだわることもできます。オリジナルにこだわる方は、通販サイトで自分の好きなデザインの作成に挑戦してみましょう。
扇子を販売する通販サイトでは送料無料サービスを行っているところもあります。一定金額以上購入すると送料が無料となり、購入者の負担を軽減してくれます。また、配送料はかかりますが、海外への発送に対応してくれるサイトもあります。さらに、メルマガに登録しておくと新商品が入荷した際などメールでお知らせしてくれるサービスを行っているところもあります。プレゼントのときには、ギフトラッピングやのし包装なども大切なポイントですが、無料で行ってくれるところもあるのでWEBショップで確認してみましょう。
日本らしいと外国人にも人気があるのが京扇子です。価格の安さも大切ですが、種類のバリエーションが広げれば広いほど多くの品物の中から嗜好に合ったものを選ぶことができます。また、お問い合わせサポートに丁寧に応じてくれるかも大切なポイントになるので選ぶ際にはしっかり確認しましょう。予算に合わせて、優雅な京扇子を父の日のプレゼントに贈ってみてはいかがですか。

次の記事へ