扇子の舞扇堂

  • 扇子オンラインショップ
  • 扇子オーダーメイド
  • 直営店情報

  • 扇子・直営店について
  • お菓子・まるんについて
  • まるん商品のご注文はこちら
  • クッキー・まいことについて
  • まいこと商品のご注文はこちら
  • 京扇子絵付け体験
  • Painting on Sensu
  • 投扇興体験
  • Tosenkyo Experience

舞扇堂twitter公式アカウント 舞扇堂facebook公式アカウント 舞扇堂instagram公式アカウント

扇子の舞扇堂ホーム > コラム > 高級な扇子を購入したいときに知っておくべきこと

高級な扇子を購入したいときに知っておくべきこと

扇子の良し悪しとは何で決まるのか


扇子には安く買えるものから高級品とされているものまであります。基本的に高級品の方が良いとされています。それでは扇子の良し悪しというのは一体何によって決められるのでしょうか。
まずは重量感があります。実際に手に持ったときに重量感のあるものは良いものとされています。その方が使いやすくて耐久性もあるのです。扇骨という部分は竹を加工することによって作られます。そして、竹のどの部分を使っているかによって重量感が変わってくるのです。竹の外側の部分は密度があるため強度があります。一方、内側の部分は強度が不足しています。基本的に外側の部分の方がコストがかかるため、高級なものに使われる傾向があります。そして重量感のあるものというのは、竹の外側の部分を使っていることを示しているのです。
また、加工したときにきちんと手間をかけているかどうかも重要でしょう。のりによって紙が接着されます。このときに余分なのりがはみ出てしまうことはよくあります。これを拭き取る必要があるのです。この手間を惜しんで放置するとのりが剥がれ落ちることになり、それによってデザインのインクも一緒に落ちてしまいます。これによってムラが生じてしまうこともあります。実際に扇子を開いてみることによってこれを確認することができます。良いものであればきちんとのりを拭きとっているため、背景のインクが落ちてしまうことはないのです。
デザイン面でも良し悪しがあります。扇子というのは開いたときには円弧状になります。それを考慮してデザインしなければいけないのです。平面の状態のままでデザインすると開いたときに直線がV字になってしまいます。アーチを考慮したデザインが施されているのは良いものといえるでしょう。

職人の技術が大切


扇子というのは手作業によって加工するものです。そのため職人の技術に依存して質が決まることになります。高級なものというのは、きちんとした技術を持っている職人が制作しているため、とても質が良いのです。技術のない職人のつくったものというのは、とても質が悪くなるため、価値がなくなってしまいます。
たとえば扇子には中骨というものがあり、これが紙の折りの中央部分にはめ込まれることになります。これを正しく固定できているならば、閉じた状態のときにきちんと形は一直線となるのです。紙の折り部分のことを折りつらというのですが、これが真横から見るとしっかりと一直線に揃うようになります。これが技術のない職人によってつくられると、中骨は中央からずれてしまいます。閉じたときには折りつらが凹凸してしまうことになります。開いた時には気にならなかったとしても、閉じてみれば一目瞭然で分かるのです。職人というのは正確な仕事をするべきであり、その結果としてすべてにおいて完璧な商品ができあがります。しかし、安価に大量生産されたものの場合は、細かい部分に穴が見つかることが多いでしょう。
高級なものを販売しているところはきちんとした技術力のある職人を雇って作業をさせています。そのため見る人が見たとしても、きちんと良い仕事がされていると評価される仕上がりのものができあがるのです。職人に対してお金をかけることを惜しんでしまうと粗悪品ができあがってしまいます。安いものならばそれでも構わないかもしれませんが、せっかく高いものを買うならば、信頼できるメーカーのものを買うべきでしょう。

良い扇子の選び方


これから高級扇子を買いたいという方もいるでしょう。自分で使うためだけではなくて、プレゼントとしても喜ばれることが多いからです。その際に良いものを選ぶ方法を紹介しましょう。
まず全体的に左右対称となっているのかを確認します。当然左右対称のものが良いものであるのですが、未熟な職人が制作したものや安価なものの場合は左右対称となっていないケースがあるのです。また、先端部分が平らになっているのかもポイントです。真上から見てみたときに、扇の紙を折った部分が平らになっているのかもチェックが必要です。
また、実際に開いたときのチェックポイントとして、扇面の上部から1センチ下の部分にまでしっかりと骨が入っているのかを確認しましょう。さらに開いた際には持ち手部分の要のところに引っかかりがないのかも気にしてみるといいものが選べます。
実は扇子には男性用と女性用のものがあります。それぞれ大きさが異なっているため注意しましょう。ただし、相手が女性だからといって必ずしも女性用のものを選ぶ必要はありません。手の大きい女性もいるからです。また、機能的にも男性用のものの方が良いというケースもあります。相手に合わせて選ぶと良いでしょう。
素材としては紙のものと布のものがあります。紙の場合は実際に扇いだときにより涼しいと感じます。値段は手頃のものが多いです。一方、布の場合は耐久性に優れているのが特徴となっています。そのため、高級なものも多くあります。以上の点をチェックしながら実際に選んでみると良いでしょう。

次の記事へ